読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

彦星師匠の漂流記

星屑のまにまに。

なんでも風パマン #とは

どうも彦星です。

 

風パ、好きですか?

僕は好きです。特にアステールちゃんかわいいですよね。

f:id:master_hikoboshi:20160110112558p:plain

この可愛さたるや。妹か娘にしたい。めちゃくちゃ頭なでなでしたい。

ジョヤってもこの煩悩は払い切れなかったようだ…

ちなみに普段使ってるとデバフの命中率良かったりして、武勲稼ぎのSRパでは、専らセレフィラさんがスカした後に仕事してくれてます。配置は彦星の隣(*´﹃`)いるだけで安らぐよね。

 

ゴホン、まぁ僕の趣味はさておき、本題ね。

この記事では、「なんでも風パマンとは何ぞや?」ってとこから、使う理由(利点)あたりを解説します。べ、別に他の属性が育ってないからとかそんな理由じゃないんだから!

 

■なんでも風パマンとは?

説明しよう。

なんでも風パマンとは、どの属性が相手だろうとなんでも風パで入るマンの事である。

別名:風パに自信ニキ、シエテ持ちはシエテマンなどとも呼ばれてますな。

その呼び名に込められる想いは、人それぞれ…かな(複雑)

 

 ■なぜ風パ?

まず背景としてあるのは、カジノのアナト

他の属性の80加護とは違い、風に関してはカジノさえこなせば誰でも80加護が手に入る、というのがまずあります。

そしてそのハードルの低さから(楽という意味ではありません)、比較的…というかかなりフレンドも確保しやすい=最大火力で安定させやすいです。

 

次に、一気に風パの出撃範囲を拡大させるキーマン…基、ウーマンがいます。

そう、皆さんもご存知のペトラさん

f:id:master_hikoboshi:20160110115539p:plain

見ての通り、化身使いです。

最終開放で化身アームドします(大嘘)

 

鍵を握っているのは、彼女の3アビ

「火、水、土、風属性攻撃力を3ターンの間50%UPさせる」というものです。

50%という数値を見てピンと来る人と来ない人がいると思いますが、これ、実は弱点補整と等価です。

 

要するに端的に言うと、ティアマグに相対する

コロマグ×80アテナ

ティアマグ×80アナト

火力が同程度になるというものです。3ターン限定ですが。

弱点補整、ペトラ3アビを加護に換算すると、

本来の有利属性最高加護がパがマグ130パがマグ170の所、

風パの対はマグ180、対はマグ130、対でもマグ105を発揮します。

 

なんとなく見えて来ましたかね?

加えてアナトには召喚に20%の攻バフが付いているので、仮に攻撃力など属性補整に関する部分以外が同条件の場合、アナト召喚→ペトラ3アビの2ステップで、対以外の本来有利な属性のマグ80までの火力を上回るというのがお分かりいただけると思います。

そこに、前述の80石の入手難易度の話を加味すれば、そこらで風パ使いが散見されるのも頷けますね。「有利マグ50使うくらいなら、全部風パで入る。」当然の思考回路だと思います。

 

さぁそして最後、ここまででも十分な理由ですが、まだいます。キーマン。

十天衆頭目のシエテ様です。

f:id:master_hikoboshi:20160110123021p:plain

「出たよ…」と言いながらここでブラウザバックする人もいそうですね(苦笑)

この薄ら笑いに殺意を覚える人も少なくないみたいです。

 

シエテの使い方には、大きくわけて2通りあります。

一つ目は、置物にする。

二つ目は、戦術の軸にする。

 

どういうこと??って感じですね。では詳しく見ていきましょう。

=========================================

 ・シエテのスペック

アビ1  :剣光レベルUP※被ダメ時剣光リセット

アビ2  :単体10回攻撃

アビ3  :剣光3の時のみ全体ウェポンバースト

サポアビ1:味方全体の奥義倍率UP

サポアビ2:剣光レベルに応じて強化

=========================================

 一際輝いてるのは3アビと奥義倍率UPのサポアビですね。

サポアビの倍率は1.5倍らしいです。

もともとの奥義倍率が4.5倍のとき、4.5+1.5=6倍に伸びる感じ?でもヴァンピィちゃんの魅了時の補整が倍率に掛ける感じだから4.5×1.5=6.75倍かも。まぁどっちでもいいんですけど(無関心)

 

一つ目の運用方法に書いた「置物にする」とは、このサポアビの効果だけを利用して、パーティの空いてる枠にポンと置いとくだけの運用()です。奥義ダメの底上げ狙い。

 

二つ目の運用方法に書いた「戦術の軸にする」とは、パーティ単位でこいつを最大限に活かす運用です。

シエテ単品で見ると、剣光を貯め、3ターン目に3アビを使い、サポアビで強化された奥義を放つというのが、ざっくりしたコンボですね。

ただし、剣光はダメージを受けると消える(内部的には、if(ターン開始時のHP>ターン終了時のHP)的な判定処理らしい)ので、戦術的な剣光の維持には、かばう、幻影、100%カットなどのギミックが要求されます。

 

そこでペトラさんが再登場。

彼女の1アビは、単体に幻影(永続)2回分付与です。このアビ一個使うだけで、たいていはシエテの剣光を維持できます。

 

加えて、ペトラさんは前述の通りもともと風パの見れる範囲を拡大する役割を持ってますから、シエテペトラの並びだけで強烈で汎用的な「3ターンでマグ130フルチェイン」というわかりやすい速攻戦術が成立しているのがわかります。

ここに合わせて、グランジータはベレーや眼帯、ラス枠にネツァを置いてなるべく3ターン内の総合ダメを上げつつ、展開の速い所ではブレアサTAで誤魔化すのが一般的にも人気な運用かなと思います。ちなみにアサルトタイムの爆発力は、言うまでもなく凄まじいです。

 

では、ずいぶんと長くなってしまったので、以下まとめ。

 

■まとめ

・アナトが手に入れやすくて強い

・ペトラが汎用性を高めている

・シエテの瞬発力がすごい

・全部合わさると他の有利属性でもそうそう追いつけない程の火力を実現する

 

こんなところです。他の属性が育っていても、何でも風パで入るのには十分な理由があったのでした。中には本当に風パしか育てていないという人もいるみたいですが。

 

では皆さん、良い空の旅を。